結婚式のスピーチに関するサイトです。一緒に結婚式 スピーチのことを学びませんか?

 結婚式 スピーチ アドバイス,文例

結婚式のスピーチって、緊張しますよね。このサイトでは、結婚式 スピーチのアドバイスと、結婚式 スピーチ 文例を紹介していきます。結婚式 スピーチ で何を話そうか困っている、そんなあなたに送る「結婚式のスピーチ」を学べるサイトです。


結婚式 スピーチ アドバイス

結婚式のスピーチ 長さはどのくらいが妥当か?

「さあ、結婚式スピーチの依頼も引き受けたことだし、気合いれてスピーチを考えよう!」などと張り切るのはよいのですが、あまりにも気合が入りすぎてせっかくの結婚式スピーチが超大作になってしまう、なんてことは避けましょう。
ものには限度というものがあります。それぞれによい適度な量があるわけですが、この加減がちょうどよいことを、「いい加減」というわけです。
では、結婚式のスピーチはどのくらいの長さが妥当なのでしょうか?
一般的には、結婚式のスピーチの長さは2分〜3分くらい、長くても5分まで、といわれています。
人間には集中していられる時間というものはそれほど長くありません。ましてや、他人の挨拶、スピーチともなればなおさらです。とはいえ、主賓クラスともなれば、スピーチは若干長めになりますが、それでもやはり4〜5分くらいに収めるべきです。一般の来賓であれば、3分以内を心がけましょう。
これ以上長くなると、その内容がどれほど良いものであっても、ダラダラとしたスピーチ、という印象を与えてしまいます。結局、何をいいたいのかわからない、退屈なスピーチ、という烙印をおされてしまうわけです。
そのためには、あれもこれも、とエピソードを盛り込むよりは、メインとなるエピソード一つで勝負するべきです。
通常、一分間に話す文字数は300文字といわれています。
したがって、三分間であれば900文字。まずはこれを目安に、原稿用紙に向かって考えましょう。

結婚式 スピーチ アドバイス その二

結婚式のスピーチは、三分が目安、主賓クラスで4〜5分。
あまり長いスピーチはどんなに良い内容でも、退屈なものとなる。
ダラダラするよりは、内容を絞り、簡潔なスピーチに!
メインエピソードは一つだけで勝負!
原稿用紙900文字を目安に考えよう!

     
結婚式 スピーチ アドバイス 文例  All Rights Reserved. 2013

| 結婚式 スピーチTOP | サイトマップ | 相互リンク | リンクの注意  | 結婚話 |